お問い合わせはこちら

\ お気軽にお電話ください /092-503-5612

月~金 9:00~12:30 / 14:30~19:30
9:00~14:00

定休日
日曜日・祝祭日

変形性股関節症

変形性股関節症とは?

股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。

関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。

一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

当院では筋膜、骨盤を正常に戻すことにより症状を緩和していきます。

お客様の声

お客様の声はまだありません。

このページのトップへ戻る