お問い合わせはこちら

\ お気軽にお電話ください /092-503-5612

月~金 9:00~12:30 / 14:30~19:30
9:00~14:00

定休日
日曜日・祝祭日

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは?

いわゆる「ぎっくり腰」は急に起こった強い腰の痛み(腰痛)を指す一般的に用いられている名称(通称)で、病名や診断名ではありません。

何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。

痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。

しかし、下肢に痛みやしびれがあったり、力が入らないなどの症状があったりするときには椎間板ヘルニアや中年以上では腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)の可能性もあります。

お客様の声

「ぎっくり腰を1回の治療で仕事が出来る状態にしてくれました!」

(野上さん 40代)

野上さん

来院する前の症状を教えてください。

朝、出勤準備でかがんで起き上がったときに猛烈な痛みが出て這いながら行きました。

その時の気持ちを教えてください。

どうしても午後から行かなければならない用事があったので藁をも掴む思いでした!

症状によって日常生活で煩わしかったことを教えてください。

基本的に動くことが無理でした。

当時の対処法を教えてください。

朝イチで近くの整形外科にいってレントゲン、湿布、痛み止めをもらいました。

その対処法での変化を教えてください。

まったく変わらなかったです。

来院後どれくらいで症状が改善しましたか?

痛みはまだありましたが、まずその日にまっすぐ立って歩く事ができました。

当院を選んだ理由を教えてください。

以前から知り合いにすごく良い先生という話は聞いていたので。

※効果には個人差があります。

「ぎっくり腰」の
お客様の声をもっと見る

このページのトップへ戻る